woman_think

よくカニを購入するときに、産地を気にして購入する方も多いのではないでしょうか。絶対国産のものがいい!という人もいれば、産地なんて気にしない!という人もいます。

最近では、通販サイトでも多くのカニを販売しておりますが、中には北海道のお店なのに、ロシア産のカニやアラスカ産のカニを取り扱っているところがたくさんあります。

なんだか不思議ですよね。北海道は海に囲まれていますし、北海道のお店なら北海道産のものばかりかと思っていましたが、そうではないんです。なぜそんなことが起きるのか気になったので調べてみました。

産地の仕組み

基本的にカニ自体は、国産のカニと海外産のカニに、変わりはありません。なぜなら同じような海域で獲ってるわけですから、大きな変化はないのです。

 

ただ、寄港する国が違うだけで、産地が違う表記になるのです。

そのため、北海道に近いロシアやアラスカ産のカニは、北海道産のカニとかわりはないのです。

 

しかも、通販サイトの中でも《かにまみれ》という通販サイトでは、タラバガニやズワイガニのほとんどが、ロシアやアラスカ産となっています。しかし、大ぶりで高品質のカニばかりを扱っているため、大変人気の通販サイトです。

kanimamireq1

ただ、採れて寄港した国が違うだけで同じ海域のカニですから、国産と同じです。

また、かにまみれでは、さらに購入者に安心していただくために、
道内各地でしっかりカニの選別をします。そして、下処理として大切な湯がきや洗いを行います。

また、乾燥や風味落ちを防ぐために、氷の膜を付ける加工として、グリース処理を行います。

これら全ての加工を、安全確認が確実に行える、北海道や東北の国内工場で行っています。

そのため、高い品質の確保が可能になり、自信をもって購入者の皆さんに、届けることが可能になりました。
ですから、ぜひ安心して買ってみてはどうですか?

ちなみに、北海道近海で獲れる「毛ガニ」と、根室沖で獲れる「花咲ガニ」は、北海道産です。
どうしても国産のが食べたいという人は、これらを注文するといいですよ。