capture-20161022-000100

タラバガニはエビ目

ヤドカリ下目

タラバガニ科に属するため生物学上はヤドカリの一種です

(宿借りてないけど)

ヤドカリの仲間なのに「カニの王様」と呼ばれる由来は、

 

  • 他のカニに比べて圧倒的にデカいこと
  • 脚が太くボリューム感があり食べごたえがあること
  • 他のカニに比べて価格が高いこと
  • 英語でKING CRABと呼びKING(王様)が付いているため

など諸説あります。

名前の由来はタラの漁場と同じところで水揚げされるので、
鱈場蟹と呼ばれるようになりました。

見た目は全身がトゲに覆われていて、足を広げると1mを超える大型のカニです。

生息域は北海道周辺、オホーツク海、カムチャッカ、ベーリング海、アラスカ沿岸の北極海。

カニと言えば北海道というイメージですが、市場に流通しているカニのほとんどが、ロシア産、アラスカ産です。

日本では資源保護のため禁漁期間や禁漁区が増えていて、
あまりカニ漁を行うことができません。

北海道産もロシア産もカニ漁をする領域(オホーツク海)は同じなので、
同じカニでも北海道産かロシア産と呼び名が違うだけです。

食べ方は、蒸す、ゆでる、焼く、鍋、カニしゃぶがカニ本来の味が楽しめます。

タラバガニはどんな人におすすめ?

pose_makasenasai_girl

タラバガニはボリューム感がありますが、たくさん食べても飽きが来ないので、
とにかくたくさんカニを食べたいならタラバガニがオススメです。

ただ一つタラバガニの弱点と言えば、
カニみそが食べられないことです。

タラバガニのみそは茹でても固まらないため流れて身に付着しないように、
茹でる前に抜き取ってしまいます。

カニみそだけは絶対に外せないって方は
毛ガニかズワイガニの「姿」を注文しましょう。

537dbb3aca443a1f85dfd0a66d1b3a68_s
タラバガニの仲間のヤドカリちゃん

同じ仲間だけあってタラバガニの顔をよく見るとヤドカリちゃんの顔によく似ています。

 

 

 

タラバガニおすすめの食べ方は・・?

タラバガニといえば、ボイル脚を解凍してそのまま食べる、
もしくは焼きガニがおすすめの食べ方です。

img_4346

ss-6

私たちのおすすめは、かにまみれのタラバガニボイル脚
身入りや弾力・味わいも申し分なく。とても美味かったです。

安さと量を求めるなら、かに本舗のボイル本たらばがに肩脚をおすすめします。