高齢者が狙われる「カニカニ詐欺」を知っていますか?

408171

カニカニ詐欺とは、電話で強引にカニや海産物を購入させ一方的に送り付ける手法で、「カニの送り付け商法」、「ネガティブ・オプション」などとも呼ばれています。

1,000円~2,000円の商品を1万円~2万円の代金引き換えで送り付けてきます。

特にターゲットにされるのが、一人暮らしの高齢者です(名簿が出回っている)。

国民生活センターに寄せられる相談件数は年々減ってきてはいますが、2015年度は1,913件にもなります。

被害にあっていても高齢者なので、ダマされていることに気づかない人や、泣き寝入りしている人もたくさんいるので、実際にはもっとたくさんの人が被害にあっています。

もしカニカニ詐欺の被害にあったらどうすればいいの?

komatta_woman
もしもあなたのご両親や祖父母がカニカニ詐欺の被害にあってしまったら、クーリングオフ(一定期間内であれば無条件で契約を解除できる)をして下さい。

以前は生鮮食品はクーリングオフは対象外でしたが、今は生鮮食品もできるようになりました。

悪徳業者はクーリングオフはできないと、必ず言ってきますがダマされないで下さい。

キャンセルの電話をしても繋がらない場合は、宅配業者が配達に来た時にキャンセルすることを伝えて、代金を絶対に払わないでください。

クーリングオフはとても面倒で手間がかかりますし、キャンセルするにしても悪徳業者はいろんな理由をつけてキャンセルさせないようにしてきます。

このような悪徳業者の手口に引っ掛からないためにも、電話販売のカニや海産物、健康食品は絶対に購入しないように注意してください。

カニを購入するなら信頼と実績のあるところで購入しましょう。

信頼と実績のある販売店を見極めるポイントは、実店舗を持っている販売店やデパートの催事に出店している販売店は、まず間違いがありません。